.
.

鎌倉・九条の会

 鎌倉市は、戦後、全国にさきがけていち早く平和都市宣言をした自治体です。そして平和都市としての平和市民憲章をもっています。戦争を拒否し、平和をもとめるというこのあたりまえのことばを、ことさら声高に叫ばなければならない時代になってしまいました。私たちは「鎌倉・九条の会」の発足を呼びかけます。平和都市の名にふさわしく、憲法9条を守るためあらゆる努力を、この町のすみずみにまきおこしていくことを、鎌倉市民のみなさまに訴えます。
2005年2月            
 よびかけ人             
井上ひさし 内橋克人 なだいなだ  

鎌倉・九条の会 講演会
5月28日(土) 終了いたしました

 あなたはどちらを選びますか? 
 2つの憲法の世界観 
     現行憲法 VS 自民党憲法改正草案 
 

  講師:田中優子さん
 
 
 新 しいパンフ出来ました!
自民党は今「改憲4項目」に絞り、与党の公明党だけでなく、日本維新の会、国民民主党も巻き込んで、憲法を変えようとしています。彼らは本気です。参院選でこれらの党が議席を伸ばすと、いよいよ改憲が現実の日程にのぼります。
 わたしたちも「改憲4項目」に絞って新しいパンフを作りました。どうぞ活用してください。戦争が起きている今、憲法9条は世界の宝です。守り抜きましょう。
ご希望の方には何部でも。送料だけの負担でお分けします。また、2017年に制作したパンフ「2分で分かる現憲法VS自民党憲法改正草案」は現在まで発行部数7万部と好評をいただいています。合わせてご活用ください。

        

 2022年5月 鎌倉・九条の会
 
 
 
 
 

             2021.11.12 九条の会
 
 10月31日に衆議院議員選挙が行われ、自民党は議席を減らしたものの単独過半数を維持し自公政権の存続が決まりました。維新の会の大幅議席増により自公と維新を合わせた改憲勢力は334議席となり、衆議院の3分の2を超える議席を獲得した結果、改憲問題は、新たな局面を迎えました。
 
 岸田文雄首相は、自民党総裁選の最中から「任期中の改憲実行」、「敵基地攻撃能力」保有の検討を繰り返し表明しました。それを受けて総選挙に向けての自民党公約も、「敵基地攻撃能力」保有、防衛力の大幅強化と並んで、「早期の憲法改正」の実現を明記していましたが、総選挙の結果を踏まえて、岸田政権は、安倍政権以来の改憲策動の強化に踏み切る構えです。
 岸田政権がまず手をつけようとしているのは、安倍・菅政権が推進した9条破壊の加速化です。対中国の軍事同盟強化を目指した「国家安全保障戦略」と「防衛計画の大綱」の改定を来年末までに強行し、中国を念頭においた「敵基地攻撃能力」の保有、日米共同演習の強化、そして辺野古基地建設強行などを推し進めようとしています。
 同時に、岸田自民党は、憲法9条明文の改憲にも踏み込むべく、臨時国会における憲法審査会での改憲案討議入りを狙っています。維新の会松井一郎代表の「来年参院選と同日に改憲国民投票を」という発言や国民民主党との憲法審査会毎週開催合意は、こうした自民党の明文改憲への策動を応援するものです。
 しかし、日米軍事同盟強化と改憲という途は、米中の軍事対決・挑発を激化させ、日本と東北アジアの平和の実現に寄与するどころか、それを遠ざけるものです。明文改憲、9条破壊の策動を阻止しなければなりません。
 
 9条の会をはじめとした市民の草の根からの運動は、自民党などによる改憲の企図を阻み続けてきました。とりわけ、安倍政権の下、衆参両院で改憲勢力が3分の2を占めて以降も、市民と野党の共闘の頑張り、幾次にもわたる全国統一署名運動、それに鼓舞された立憲野党の奮闘により憲法審査会での改憲案審議を行わせず、19年参院選では改憲勢力3分の2を打ち破って安倍改憲を挫折に追い込みました。来年の参院選に向けた新たな改憲の動きに待ったをかけるのも、この市民と野党の共闘の力以外にはありません。
 この力に確信を持って、市民の皆さんが、改憲と9条破壊の阻止のため、決意を新たに立ち上がられることを訴えます。

鎌倉・九条の会とは

 
 

行事案内

講演会などのお知らせ
 

鎌倉・九条の会ニュース

 
 

鎌倉九条の会発行

鎌倉・九条の会発行
「憲法パンフレット」

こちら

リーフレット

No.1~No.16 こちら

憲法をくらしの中に

鎌倉・九条の会憲法手帳
憲法手帳を改定し、見やすくしました。

《 新着情報 》 
2022-07-03 update
鎌倉・九条の会ニュース30号発行
2022-06-14 
鎌倉・九条の会 講演会
2022-05-27 update
新しい LinkIcon 憲法パンフ出来ました!

新しいパンフ出来ました!


 自民党は今「改憲4項目」に絞り、与党の公明党だけでなく、日本維新の会、国民民主党も巻き込んで、憲法を変えようとしています。彼らは本気です。参院選でこれらの党が議席を伸ばすと、いよいよ改憲が現実の日程にのぼります。
 わたしたちも「改憲4項目」に絞って新しいパンフを作りました。どうぞ活用してください。戦争が起きている今、憲法9条は世界の宝です。守り抜きましょう。
 ご希望の方には何部でも。送料だけの負担でお分けします。また、2017年に制作したパンフ「2分で分かる現憲法VS自民党憲法改正草案」は現在まで発行部数7万部と好評をいただいています。合わせてご活用ください。
LinkIcon 憲法パンフ        

 2022年5月 鎌倉・九条の会

TEL: 0467-24-6596
FAX: 0467-60-5410
…..…… 0467-24-6577


Email: kamakura9jo@gmail.com
HP : http://kamakura9-jo.net

facebook

毎月9の日行動


毎月9日に鎌倉駅地下道でパンフを配ったり、署名をお願いしたりしています。短時間でもご一緒に!
毎月 9日
平日 15時~
土・日・祝日 11時~

署名活動

九条の会も参加する「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が、改憲発議に反対する緊急署名を提起しました。鎌倉・九条の会では、これを受け2020年2月9日の九の日行動から取り組みを開始しました。安倍改憲が実現すれば、日本の軍事大国化をさらにすすめ、米軍とともに世界各地で戦争や紛争に介入していくことになるでしょう。

「安倍9条改憲NO!
 改憲発議に反対する全国緊急署名」
一人でも多く署名活動に参加し、改憲を発議できない状況を作り出しましょう。

安倍9条改憲NO!
改憲発議に反対する全国緊急署名  署名用紙 download