鎌倉•九条の会 
鎌倉市は、戦後、全国にさきがけていち早く平和都市宣言をした自治体です。そして平和都市としての平和市民憲章をもっています。戦争を拒否し、平和をもとめるというこのあたりまえのことばを、ことさら声高に叫ばなければならない時代になってしまいました。私たちは「鎌倉・九条の会」の発足を呼びかけます。平和都市の名にふさわしく、憲法9条を守るためあらゆる努力を、この町のすみずみにまきおこしていくことを、鎌倉市民のみなさまに訴えます。.....
                                     2005年2月よびかけ人  井上ひさし 内橋克人 なだいなだ

第7回憲法学校

title.png

スクリーンショット 2014-07-13 6.21.13.png

通常国会で安倍首相は 改憲原案を出し 発議をねらう可能性あり
改憲発議をめぐり緊迫する情勢 三〇〇〇万市民の声で 国会を包囲しよう!

.

開催概要

  • 日時2018年4月14日(土終了いたしました
    • 13:30~16:00  (13:00開場/終了時刻予定)

  • 会場:鎌倉商工会議所 地下ホール(鎌倉駅西口徒歩5分)
  • 入場料: 500円   20歳以下無料

2018年

講 演

「平和と憲法の岐路に立って」
  渡辺 治(政治学者・一橋大学名誉教授)

一橋大学名誉教授。1947年東京生まれ。
東京大学社会科学研究所助手、助教授を経て、1990年より2010年まで一橋大学教授。 専門は政治学、憲法学。2004年「九条の会」発足時から事務局。
著書・論文には共編著『日米安保と戦争法に代わる選択肢』(大月書店)、九条の会編 『安倍9条改憲は戦争への道』、『現代史の中の安倍政権-憲法・戦争法をめぐる攻防』 (かもがわ出版)、共著『大国への執念-安倍政権と日本の危機』(大月書店)他多数。

憲法学校2018チラシ.pdf

講演者 紹介

スクリーンショット 2014-07-13 15.33.22.png
渡辺治
政治学者
一橋大学名誉教授

1947年東京都生まれ。主要研究領域は政治学、日本政治、憲法学。九条の会事務局、 前日本民主法律家協会理事長

■近著『安倍政権の改憲・構造改革新戦略』(旬報社2013年) 『〈大国〉への執念 安倍政権と日本の危機』(大月書店2014年)共著、『現代史のなかの安倍政権~ 憲法・戦争法をめぐる攻防』(かもがわ出版2016年)、
『戦後70年の日本資本主義』(新日本出版社 2016年)共著他多数。